一生に一度のお買い物でもある結婚指輪。決して記念だけでは済まない結婚指輪だからこそ、後悔しない自分たちにとって最高のものを選びたいところですよね。失敗しない結婚指輪の選び方について、7つのポイントを詳しく解説していきます。

コラム

結婚指輪の選び方!後悔しないためにチェックしたい7つのポイント

投稿日:

結婚指輪の選び方

一生に一度のお買い物でもある結婚指輪。結婚する二人の変わらぬ愛の証として、左手の薬指に輝き続けます。決して記念だけでは済まない結婚指輪だからこそ、後悔しない自分たちにとって最高のものを選びたいところですよね。

「もう少し考えてから購入すればよかった」とならないためにも、どのような点に気を付けるべきかと知っておく必要があります。そこで今回は、失敗しない結婚指輪の選び方について、7つのポイントを詳しく解説していきます。

そもそも結婚指輪と婚約指輪の違いは?

結婚指輪と婚約指輪は、どちらも結婚に際して用意するものですが、どのような違いがあるのか理解していない人も少なくないでしょう。まず婚約指輪とは、プロポーズの際に婚約の証として男性から女性へと送るものを意味しています。

対する結婚指輪とは、結婚の記念に二人で購入するものです。価格相場としては、毎日身に付けるものという観点からも、婚約指輪よりも低くなる傾向にあります。とは言っても、決して適当に選んでいいものではなく、選び方のポイントを押さえておく必要があります。

結婚指輪の選び方!7つのポイント

結婚が決まって、幸せいっぱいの時期である反面、式場選びやドレス選びなど結婚式の準備に追われている人も多いのではないでしょうか。そうした中で、どうしても結婚指輪選びが疎かになってしまう傾向があります。数年後に後悔しないためにも、結婚指輪の選び方に関して、7つのポイントを押さえておきましょう。

結婚指輪の購入予算を決めておく

結婚指輪のために潤沢な予算があるなら別ですが、結婚式や、これから始まる新生活には、何かとお金が必要です。価格はピンきりであり、予算を決めずに結婚指輪選びを始めてしまうと、二人にとって運命のリングを見つけることが難しくなってしまいます。

ちなみに、結婚指輪の相場は「2人で20万円程度」となっており、これを目安にしておくのも良いでしょう。結婚式など、結婚に関連する費用などを全体的に考えながら、二人で結婚指輪に充てる大体の予算を決めていくことが大切です。

結婚指輪の買い方を決める

結婚指輪に充てるある程度の予算が決定したら、次に購入方法を考えましょう。予算によっては購入方法が限られてくるものもあり、こちらも事前に決めておきたい項目のひとつです。結婚指輪の購入方法には大きく3つのパターンに分けられており、それぞれの特徴などを掴んでおきましょう。

既製品(レディメイド)

まずは、スタンダードな既製品です。これは、ダイヤモンドの種類やデザインが決められた商品の中から選択して購入する方法です。他の方法に比べて調整箇所が少ないなどの利点から、値段を最小限に抑えられるというメリットが挙げられます。

また、店頭に現品があるため、実際に手に取って試着しながら選ぶというやり方も可能です。注意したいのはスケジュールです。既製品だからと言って、その日のうちに持ち帰られるのではなく、サイズ調整をするために、数日から1週間程度は考えた方が良いでしょう。

セミオーダー

既製品だと、他の人と被ってしまう可能性があります。それを避けたい人は、セミオーダーを選択しましょう。ダイヤモンドの種類やデザイン、素材を、そのブランドが用意するいくつかの選択肢の中から、自由に組み合わせて作ることができます。

既製品よりも値段が高くなってしまうことがほとんどですが、二人にとって理想の結婚指輪に近づけることができます。結婚指輪をセミオーダーしたい場合は、完成・納品までに時間が掛かってしまい、最低でも2か月は考えた方が良いでしょう。

フルオーダー

最後に、世界に一つだけのオリジナル結婚指輪を製作する方法です。デザインや素材の選択に縛りがなく、自分で結婚指輪のデザインを考えたり、プロのデザイナーにイチから依頼して作ってもらうなど、無限の可能性を秘めているのが特徴です。

またデザインだけでなく、素材や宝石に対しても、過度な注文を付けることができます(当然、実現不可能なことあり)。上記に挙げた2つの方法よりも費用は掛かってしまいますが、その分以上の満足感を得られることも確かです。

結婚指輪をどこで購入するのか決める

予算と購入方法が決定すれば、自然と結婚指輪をどこで購入すれば良いのかが見えてきます。規制品やセミオーダーを購入するのであればブランドショップやセレクトショップ、古オーダー希望ならそれが可能な店舗を探すことになります。

インターネットで検索すれば、数多くのショップを見つけることができます。デザインや値段は、オンラインカタログで確認が可能です。もしも時間が限られているのであれば、店舗に出向く前の予約を忘れずに行うことをおすすめします。

自分たちらしいデザインを絞り込む

世の中には、数えきれないデザインの結婚指輪が存在します。その中から、納得できるひとつを探し出すためには、以下のポイントを参考にしてみましょう。

  • 好きな(こだわりの)ジュエリーブランド(あり、なし)
  • 色/素材(ゴールド、シルバー/プラチナ、ゴールドほか)
  • 石(あり、なし)
  • 幅(太め、細め)
  • テイスト(シンプル、ゴージャス、スタイリッシュ、カジュアル、アンティーク、ほか)
  • 形状(ストレート、S字、V字、ほか)

これらの条件に合う、リングをさまざまな媒体を使って探し出し、二人にとって理想に近いリングを絞り込んでみましょう。

新婦だけでなく新郎も納得したものを選ぶ

「アクセサリー=女性的」というイメージもありますが、結婚指輪は婚約指輪とは異なり、男性も身に付けることになります。そのため、新婦だけではなく新郎の意見も無視できません。新郎にとっても納得できるものを選択しましょう。

育ちも性格も違う二人がお互いに納得したものを選ぶことは、決して容易いことではありません。なかなか意見が合わずに険悪な雰囲気になってしまうカップルもいます。お互いに好みのタイプを話し合い、男性も積極的に結婚指輪探しに参加しましょう。

ずっと愛用するためにはアフターケアが大切

基本的に結婚指輪は毎日身に付けるものです。そのため、傷がついてしまったり、時には歪んでしまったりすることも珍しくありません。サイズが合わないなどの理由により、結婚生活の途中から外してしまうなんてことも、よく聞く話です。

結婚指輪を長く使い続けるためには、修理や磨き直し、サイズ直しなどのアフターケアが受けられるかどうかもチェックしたいポイントです。意外にも人気のブランド店ではアフターサービスがないところもあるため、注意が必要です。

結婚指輪の着け心地も忘れずに

いままで指輪をはめたことがない男性にとって、結婚指輪を付けた最初の頃は違和感を感じずにはいられないでしょう。それは徐々に慣れていくものですが、なかには着け心地が悪く、毎日身に付けることが億劫になってしまうこともあります。

意外にも重視されないことですが、着け心地の良さに関しては、決して妥協するべきことではありません。着けていて邪魔にならないか、圧迫感は強くないのかなど、実際に店頭で試してみるなどして、確認と調整を忘れずに行いましょう。

まとめ

大切な結婚指輪だからこそ、妥協したくないはずです。結婚指輪選びに時間を割けることも大切ですが、事前にある程度の知識を身に付けておけば、納得のいくリングを購入することができます。あれこれ目移りしてしまわないように、ポイントをしっかりと押さえて、素敵なリングを手にしてくださいね。

-コラム

Copyright© 結婚指輪・婚約指輪 最新ランキング・人気ブランド一覧2018年度版 , 2018 All Rights Reserved.