アクセサリーを使用する上で不安な金属アレルギー。結婚指輪における金属アレルギーは、女性にとって死活問題とも言えるでしょう。もしもの時のために、金属アレルギーの症状と対処法をチェックしておきましょう。本記事では、金属アレルギーになりにくい素材もご紹介します。

コラム

結婚指輪で不安な金属アレルギー!選び方や対処法を解説

更新日:

結婚指輪 金属アレルギー

アクセサリーを使用する上で、不安なのが金属アレルギーですよね。せっかくお洒落に着飾っても、皮膚がかぶれてしまっては元も子もありません。特に一生身に着けることになる結婚指輪における金属アレルギーは、女性にとって死活問題とも言えるでしょう。

いままでに、金属アレルギーを起こしたことがないという人でも、素材によっては症状が表れてしまうこともあります。もしもの時のために、金属アレルギーの症状と対処法をチェックしておきましょう。本記事では、金属アレルギーになりにくい素材もご紹介します。

そもそも金属アレルギーとは?

世間一般的にアレルギーにはさまざまな種類が挙げられます。その中でも、女性にとって難敵となるのが金属アレルギーです。指がかぶれてしまい日常的に結婚指輪をはめることが難しくなってしまいますが、まずは金属アレルギーに関しての基礎部分を確認していきましょう。

1-1 金属が原因で起こる
その名の通り、金属アレルギーとは金属が原因で引き起こされるアレルギーのことを意味しています。金属との接触部に起こる接触皮膚炎などが代表的とされていますが、まれに金属が含まれている食物を口に含めることでも、アレルギー反応を起こす場合があります。

1-2 どうして金属アレルギーになるの?
アレルギー反応を起こしてしまうのには、何かしらの理由があります。金属は汗などの体液に触れると溶ける性質を持っています。溶けた金属が体内に浸透すると、体内中で免疫細胞が活動を開始します。しかしながら、この僅かな時間差によって、アレルギーを引き起こしてしまうのです。

1-3 金属アレルギーの症状は?
「局所性金属アレルギー」と「全身性金属アレルギー」の2種類に分類されます。

局所性金属アレルギー 全身性金属アレルギー

原因になりやすいもの ・指輪
・ピアス
・ベルトのバックル ・歯の詰め物(金属製)、
・内服薬
・食品に含まれる金属
発症部分 首や指など部分的 全身
症状 かぶれ・かゆみ 湿疹・かゆみ・ただれ・しびれ・口内炎など

「局所性金属アレルギー」は金属が皮膚に触れること、「全身性金属アレルギー」は金属を直接体内に取り込んでしまうことが原因です。結婚指輪で金属アレルギーになった場合は、「局所性金属アレルギー」と考えて問題ないでしょう。

1-4 金属アレルギーを起こしやすい結婚指輪の素材は?
金属アレルギーを起こしやすい素材としては、

? ニッケル
? コバルト
? スズ
? パラジウム
? クロム
? 銅
? 銀

などが挙げられます。これらに共通していることは、加工がしやすく、手頃なアクセサリーとして広く流通していることです。しかしながら、汗に溶けやすい性質を持っていることからも、金属アレルギーを起こしやすくなっています。

金属アレルギーになったときの対処法

結婚指輪を購入して金属アレルギーになってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。た金属アレルギーは体質の変化によるものなので、一度発症してしまうと完治は難しくなってきます。かぶれやかゆみが出たら、できる限り早い段階で使用を中止しましょう。

2-1 皮膚科でパッチテストを受ける
金属アレルギーの検査を行っているのは、皮膚科です。金属アレルギーによる症状が疑われる場合は、パットテストを受けることができます。どの金属が原因なのかをはっきりさせましょう。再発・悪化を防ぐためにも、その後の購入や使用は控えることをおすすめします。

2-2 汗をかいたら着けない
金属アレルギーは、汗と金属が接触することで起こりやすくなります。運動する前や夏場の暑い時期など、汗をかきやすい状況では使用を控えるなどの対処を行ってください。金属アレルギーは使い方の工夫や頻度を落とすことによって、症状を軽減することができます。

2-3 結婚指輪を常に清潔に保つ
日常的に着けている結婚指輪だと、メンテナンスを忘れてしまいがちです。注意をしていても、少しずつ汚れは溜まっていってしまいます。毎日手入れをして、綺麗な状態に保ちましょう。アレルギー対策だけでなく、よりよい状態での保存・使用は心がけてくださいね。

2-4 市販のステロイド薬を服用する
どうしても時間がなくて、病院に行っている暇がない!そんな場合もあるでしょう。どうしてもという時には、市販のステロイド薬を服用しましょう。とは言っても、万能薬ではありません。症状が重い場合は、酷くなる前に必ず医師の診断を受けるようにしてください。

2-5 結婚指輪をコーティングする
金やプラチナ…。結婚指輪の素材でどうしても気に入ったものってありますよね。金属アレルギーという理由で諦めたくない!そんな場合は、指輪をコーティングしてみてはいかがでしょうか。コート剤は、ドラッグストアなどで購入することができます。

2-6 ネックレスとして使う
日常的に使用できるというわけではありませんが、結婚指輪をネックレスとして使う方法も考えられます。もちろん皮膚に直接触れるのはご法度ですので、服の上から着けましょう。また、ネックレスを作る際には、紐の素材にも十分に注意してくださいね。

金属アレルギーを引き起こしにくい素材は?

購入した結婚指輪で金属アレルギーを引き起こしてしまった…。こんなに悲しいことはないですよね。また、事前にアレルギー反応が出たことがあるという人もいるでしょう。どの金属に対して反応するかは人によって異なりますが、出にくい素材をご紹介します。

3-1 チタンの結婚指輪
医療現場でも頻繁に使用されているチタンは、指輪の素材としてもカラーバリエーションが豊富なことも特徴として挙げられます。少しでも理想のデザインに近づけるためにも、チタンを選択する女性も少なくありません。硬くて丈夫で傷みにくいのもメリットです。

3-2 ジルコニウムの結婚指輪
レアメタルの一種で、外見は光沢のある銀色をした金属です。チタンと同様に、医療現場でも使われています。光を虹色のように反射させる性質を持っており、オーダーメイドで注文する人もいます。酸やアルカリにも強く、錆びにくいのが特徴として挙げられます。

3-3 イリジウムの結婚指輪
白銀職の金属で、プラチナよりも希少性が高いことから、配合素材として使用している店は多くありません。扱っているブランドも少なく、他の人と被らない、自分たちオリジナルの結婚指輪を作ることができます。世界でたったひとつのデザインにおすすめの素材です。

3-4 ステンレスの結婚指輪
銀色の金属で、錆びを防止するように作り出されています。シルバーリングのように空気に触れると黒色に変色することもなく、一見はプラチナと変わりません。ステンレスを結婚指輪として選ぶなら、メスなどの素材としても使われているサージカルステンレスがおすすめです。

3-5 木製の結婚指輪
どうしても、金属アレルギーが不安であるなら木を選択するという方法もあります。結婚指輪と木では結びつかないと感じてしまうかもしれませんが、素材によって木目が少しずつ異なります。既製品の指輪であっても、オリジナリティを出すことが可能です。

まとめ

これから、長い時間を過ごすことになる結婚指輪。もしも、金属アレルギーの不安がある場合は、事前に病院で検査を受けておきましょう。どの金属で反応するかは人によっても異なるため、正しく対処して、指輪と長い付き合いをしていってくださいね。

-コラム

Copyright© 結婚指輪・婚約指輪 最新ランキング・人気ブランド一覧2018年度版 , 2018 All Rights Reserved.